TOP >> ガチャPンとムッKの悩み相談 >> カルテ011-020 >> カルテ017


カルテ - 017
[氏名]  ちゃん
[内容]  およめさんになりたい。
[コメント]


「ねえねえ、ムッKー。こんな相談が来てるよ。どうする?」

「うーん、これはなかなか不可解な相談ですねぇ。いったい誰のおよめさんになりたいんでしょうか。」

「えへへぇ、ムッK、ムッKー。」

「・・・・・何、自分のこと指差してるんです?冗談もほどほどにして下さいよ、ガチャPン。」

「ひ、ひどいよぉ(涙)。じゃあムッKは誰だと思うのさ。」

「そうですねぇ、ガチャPンでもなければ私でもないのは確かでしょうね。」

「とすると?」

「・・・・あのプリン馬鹿では?」

「あっはっは、それはないって。」

「でしょうね。あとは誰がいましたかな。」

「軍司令のヤツは?」

「だったらこちらに送ってはきませんよ。」

「う〜ん、う〜ん・・・・やっぱりわからないよ。どうしよう、ムッKー。」

「なぁに、心配には及びませんよ、ガチャPン。こんな質問送ってくる方に問題があるんです。これはやっぱりお仕置きでしょうな。」

「やっぱり、やっぱりー?ボクもそうじゃないかとは思ってたんだ。じゃあさ、具体的にどうやろうか。ここはセオリー通りに水攻め?それとも火攻め?ちょっとおしゃれに爪剥ぎなんてのは?」

「おやおや、さっそくガチャPンはやる気ですな。私も手伝いますぞ。」

「ホント?じゃあもっとすごいことできるね。」

「ほうほう、たとえば?」

「えーっとねぇ、まぶたを固定したまま硫酸流したり、目の中に画鋲を指したりー・・・・。」

「なんだか目関係ばかりですねぇ。それじゃ期待はずれですよ。もっとすごいことかと思いましたのに。」

「なんだよなんだよ。それじゃあムッKはもっとすごいの知ってるの?」

「当然です、格が違いますよ。そうですねぇ、溶接バーナーで指先を焼き切ったり、コンクリートで足だけ固めてハンマーで叩き壊すとか・・・・。」

「ちょっとぉ、そんなどこぞのヤクザが使うようなのがどうすごいんだよ!」

「何ですと?ガチャPンの方がよっぽど幼稚じゃないですか!」

「な、なにを〜!ボ、ボクだってもっとすごいの知ってるもんね!」

「私だって知ってますぞ!」

「それじゃくらべっこしようじゃないか!」

「ええ、望むところです。」

「30分後にここで待っててよ!今、実験台を探してくるから。」

「ああ、待ってください。私も探しに行きますよ、ガチャPン。」


[結論]  どっちも痛いよ。



[カルテ-016][Go Back][カルテ-018]