TOP >> ガチャPンとムッKの悩み相談 >> カルテ021-030 >> カルテ027


カルテ - 027
[氏名]  NAL
[内容]  僕は絶対に駄目だと思うんですけどガチャ公はどう思いますか?ガガガ。
[コメント]


「ガチャPン、このような相談が来てますよ。」

「どれどれ・・・・・・何これ! ボクの事、ガチャ公だって・・・・・、ひどいよひどいよ。ボクが一体何をしたっていうんだよぉ。」

「さあ、心当たりが多すぎて皆目見当がつきませんねぇ。きっとまたどこかで他人の恨みでも買っているのではないですか?」

「そんなぁ、ボク、生まれ以来他の人に恨み買うことなんてしたことないよ!

「さすがガチャPン、その根拠のない自信はどこから出てくるのでしょうかねぇ。」

「失礼だなぁムッK、根拠のない自信だなんて。それこそ根も葉もない噂じゃないかぁ。」

「はあ、でもガチャPンの場合は根も葉もないどころか、密林のジャングル並じゃないですか。」

「うんうん、ムッKのギャランドゥ並かもね。」

「何を言うのです、私のは全身パーマなんですからね。ガチャPンの全身虎刈りとはケアの仕方がまったく違うんですよ。」

「うるさいなぁ、清潔でいいじゃないか。」

「はっ、清潔なんですか? 山奥でキャンプしたり海でスキューバやったり、はたまたスポーツで汗を掻きっぱなしで汚らしいですねぇ。あれですか、その身体がミドリなのは苔でも生えているからなんですか?」

「失礼だな、宇宙に行ったとき、苔は大気圏突入で焼き落としてきたよ!」

「そ、そうですか(ホントに生えていたとは・・・)」

「そうだよ、プンプン! まったく、こんなに気分が悪いのはいったい誰のせいなの!」

「最初の相談のせいじゃないんですか?」

「そうかなぁ。」

「そうですよ、間違いありません。私が言うのだから絶対正解です。」

「そうかなぁ・・・・うん、そうだよね・・・・・うんうん、絶対そうに決まってるよ! よ〜し、こーなったらNALさんにおしおきしなきゃ。うーん、でもどんなおしおきがいいかな?

「でしたら手足をバーナーで焼き切るというのはどうですか?」

「うん、いいね! でもその前に親戚一同皆殺しにしないと。」

「どうしてです?」

「だってそうしなきゃ親戚の恨みを買うじゃん。」

「なるほど、だからガチャPンは誰からも恨みを買っていないのですね。」

「そーゆーこと(^^) とゆーわけで、いまから行くから待っててね〜!」


[結論]  ジェノサイダー、ガチャPン。



[カルテ-026][Go Back][カルテ-028]