TOP >> ガチャPンとムッKの悩み相談 >> カルテ021-030 >> カルテ029


カルテ - 029
[氏名]  ICBM
[内容]  ガチャPンとムッKのどちらに相談しようか迷っています。
[コメント]


「ムッK〜、また新しい相談が来てるよ〜」

「ほほう、今度は何でしょうねぇ、どれどれ・・・・・」

「なになに、なんだって?」

「おやおや、この方は私とガチャPンのどちらに相談したら良いか迷っているそうですよ。久々にマヌケな相談ですねぇ。」

「うんうん、ホントホント。何のためにボクとムッKの二人がいるのかわかってないみたいだね。」

「ですねぇ、そんなの私に決まっているじゃないですか。ねえガチャPン?」

「ちょっとちょっと、何を言ってるんだよ、ムッK。そんなのボクに決まってるでしょ?」

「どうしてですか? どう考えても私の方が知的で論理的じゃないですか。それに比べてガチャPンはどうです? わがままで気分屋で甘えん坊で・・・・・・」

「う、うるさいなぁ。そんなの関係ないよ! それよりもボクの方に相談した方がいいに決まってるよ!」

「ほう、どうしてです? 私なんかはこんなに物知りですぞ。」

「それがどうしたの? ボクなんかガチャPンなんだぞ!!」

「はぁ!?」

「ボクはガチャPンなんだから、ボクの言う事に従っていれば間違いはないんだよ。」

「大した自信ですねぇ。でもそのガチャPンの言葉に従って破滅の一途を辿った”ガールゴウゴウ”はどうなんです?」

「ああ、あれ? あれはワザとそーなるようにしたんだよ。だってボクらの真似して邪魔だったんだもん。」

「鬼畜ですねぇ、ガチャPンは。かないませんよぉ。そういえば、”ひらけポンKッK”で共演したお姉さんのことも毎回食べてましたよね。」

「やだなぁ、ガールゴウゴウのトマトちゃんを食べちゃったムッKほどじゃないってば。」

「おや、知ってたんですか?」

「やだなぁ、業界じゃ有名だったんだよ? 食ってから本当に食っちゃったってさ。」

「ええ、あれは二重の意味で美味しかったですよ。」

「アレ以来トマトジュースが好きになったんだよね?」

「まあいいじゃないですか、終わった話ですよ。」

「それにしても昔はいろいろやったんだねぇ、ボク達ってさ。」

「ですねぇ、これだけ人生(?)経験が豊かな私達なら、どちらに相談しても間違いですよ。」

「うんうん、とゆーわけで、ICBMさんはどちらにでも遠慮しないで相談内容を送ってね。」

「そうですぞ、今度は必ずどちらかに送ってきてくださいね。まあ私じゃなければ瞬殺しますけど。」

「ホントに遠慮しないでいいからね〜、もちろんボク以外に送ったら滅殺だけど。」

「ではお待ちしておりますぞ〜」


[結論]  どちらもやめておこう。



[カルテ-028][Go Back][カルテ-030]