TOP >> ガチャPンとムッKの悩み相談 >> カルテ031-040 >> カルテ037


【カルテ - 037】
[氏名]   JR裏日本
[内容]   女子高生がカワイイです。どうしましょう?
[コメント]


「ガチャPン、今回はガチャPンの好きそうな相談が届いてますよ。」

「なになに〜、どんな相談なの?」

「どうやらJR裏日本さんは女子高生が可愛くてたまらないようですね。はて、でもこんなことをなぜ私たちに相談するのでしょうねぇ。」

「そんなの決まってるよ、ムッK。」

「ほうほう、何ですか?」

「これはボクらに対する挑戦状だね、うんうん。」

「・・・・・は?」

「きっとボクがあまりにも可愛いから嫉妬してこんなこと聞いてくるんだよ。まったく、裏日本さんには困ったもんだね。

「ですが、どうして嫉妬するとこんな相談を寄せてくるんですか?」

「も〜ムッK、まだわからないの? これはね、アレと一緒なんだよ、アレと。

「アレとは?」

「ほら、よく好きな人の上履きについつい画鋲を仕掛けちゃうことってあるでしょ? それと同じなんだよ。」

「イジワルはしますけど画鋲は仕掛けないと思いますよ。

「そんなことないよ、最近の若い子は好きじゃなくても誘拐しちゃうからね、好きだったら尚更だよぉ。だめだなぁムッK、これくらい判ってあげないと今の子供はついてこないよ。」

「なるほど、そうなんですか。いやはや、ガチャPンの研究熱心さには頭が下がりますね。

「うふふ、ムッKももっと頑張らないとだめだよ。

ええ、そうですねぇ。でもひとつだけ納得がいかないことがあるんですが。」

「なになに?」

「ガチャPンがかわいいというのはどういうことです?

「やだなぁ、見ての通りだよ。どう?この愛らしさ。

なるほど、バカっぽいということですか。納得です。」

「えっ? ちょっとちょっと、それってどーゆー・・・・・」

では今回はここまでということで、みなさん、またお会いしましょう。」

「おーい! 終わらせ・・・・」


これにて終了


[結論]  可愛さ余って憎さ100倍?



[カルテ-036][Go Back][カルテ-038]