TOP >> ガチャPンとムッKの悩み相談 >> カルテ051-060 >> カルテ053


[氏名]  MAS
[内容]  ガチャPンとムッKの青春時代の思い出を教えて下さい。
[コメント]


「ムッK〜、新しい質問がきたよ。」

「今回は青春時代についてですか、なかなかいい質問ですねぇ。」

「ムッKにも青春時代ってあるの?」

「もちろんありますよ。私の昔はすごかったのですぞ、ああ、懐かしい。」

「どんな風だったのさ、教えてよ。」

「そうですねぇ、あの頃は若かったですからね。何でも出来ると思いこんでいたので、今と違ってムチャばかりしていましたよ。」

「今もムチャの連続だと思うんだけどなぁ。」

「何言ってるのですか、今は何でもできると思いこんでいる状態ではなく、実際に何でも出来るのですぞ。勘違いしてもらっては困りますな。」

「そっかぁ、ムッKってば成長したんだね。」

「ガチャPンとは違いますからなぁ。」

「うんうん、ボクもそう思うよ。」

「ほっほっほ、そうですか、ガチャPンもついに私の方が上だということを認めた様ですな。ようやく分相応という意味が理解してもらえたのですな。」

「当たり前だよ、ムッK。ボクだってそれくらい前から分かってたよ。」

「仲良くやっていけそうで嬉しい限りですぞ。ところでガチャPンの青春時代はどうだったのですかな? よければ聞かせてもらえませんか。」

「ボク? そう言われても困るなぁ。」

「ほほう、なぜです?」

「だってさ、ボクはムッKとは違って今が青春時代だからね。ごめんね、ムッKみたいに年寄りじゃないんだぁ。」

「なんと!」

「ほら、やっぱりさ、ボクってばムッKと違ってすでに終わった世代じゃないんだよね。言ってみればこれからの時代を担う世代って言うのかな。」

「そ、それを言うなら、ガチャPンはまだ子供ということではないのですか?」

「いるんだよね、そーゆー新しい風を認めることができない時代遅れの人ってさ。でもね、悲しいけれどこれが事実なんだよねぇ、うんうん。」

「時代遅れ・・・・がーーん。」

「まあムッKも物分りが良ければ、ボクの下で使ってあげてもいいよ。」

「くっ・・・いつになく強気ですな、今日のガチャPンは。」

「おっと、そろそろ行かなくちゃ。ごめんね、古い人と違ってさ、最先端に生きるボクは時間が全然足りないんだよ。ムッKは盆栽でもいじって待っててね〜」

「ぐおおお、何たる屈辱! まさか単純バカのガチャPンにここまで打ちのめされるとは・・・・・」

「ばいばーーい」


[結論]  ガチャPンもそのうち大暴落しそう。



[カルテ-052][Go Back][カルテ-054]